deacon

名古屋大学大学院

カンボジアの歴史的背景

カンボジアは1887年以降フランス領インドシナ連邦の構成国としてフランスの植民地となっていたが、1953年にノロドム・シハヌーク王が国際世論にカンボジア独立を訴え、フランスから主権を回復し独立を達成した。1955年シハヌーク王は統一的な人民社会主義共同体(通称「サンクム」)を組織し、内政に関して革新的な政策を採用していた。

 

クメール共和国(1970-1975;ロン・ノル時代)ではノロドム・シハヌーク国王が独立を果たしたものの、国家の担い手をめぐる紛争は続き、1970-90年末まで続いたとされている。ロン・ノル首相はクーデターより、シハヌーク国王を追放し、クメール共和国を設立した。ベトナム戦争の影響もあった。都会と農村の経済格差問題の深刻化、汚職の蔓延といった問題があったため、クーデターにつながった。

カンボジア共産党と民族統一戦線を結成→のちのクメールルージュ→ロン・ノル政権を倒すため」といった流れを経ている。

その際アメリカは共産党主義者を滅ぼす目的で空爆などをおこなった。

民主カンプチア(1975-79年;ポルポト時代)クメールルージュによる残酷や政策が、カンボジアにおけるソーシャル・キャピタルに計り知れないほどの影響をもたらした。クメールルージュはカンボジアの社会のうち、文化、宗教、組織、ネットワーク・規範そして家族までも否定し破壊したとされている。

ポルポトは西洋諸国の影響を受けないために極端な共産主義体制をとったと言われる。

また、共産党は公教育、仏教、貨幣、市場、私有財産などのさまざまな制度は家庭生活、個人主義を革命の障害となるため禁止した。

さらに、子ども、夫婦をバラバラにし、またカンボジアを農業中心の国家にしようとした。

その後のカンプチア人民共和国(1979-89年:ヘン・サムリン時代)では、カンボジア共産党の生き残りから結成されたヘン・サムリンを中心とする救国民族統一戦線は、クメールルージュと戦闘した。ヘン・サムリン政権の社会主義政権が誕生した。ポルポト派はカンボジアの山岳地帯に逃れることになった。89年、ベトナム軍の撤退後、カンプチア人民共和国が自立して国家運営ができるようになった。

1991 年10月23日にパリで調印された「カンボジア紛争の包括的な政治解決に関する協定(パリ和平協定)に基づき、国連カンボジア暫定統治機構UNTAC が設立された。

このUNTACの任務は停戦監視、武力の解除、治安維持、自由で公正な総選挙の実施、難民・避難民の帰還促進、インフラの修復であり紛争の被害を受け、破壊されたものを直し改善していく必要性がある。

世界遺産カッパドキアの概要と背景

カッパドキアはトルコにある世界遺産であり、首都のイスタンブールからはかなり離れた位置にある。

正式な名称は「ギョレメ国立公園カッパドキアの岩石群」で1985年に複合遺産として登録された。複合遺産とは、文化遺産の条件を満たしさらに自然遺産の条件も満たすことをさし、登録条件は①③⑤⑦を満たす。

簡単に説明すると、①人類の創造的資質や人間の才能、③文化的伝統や文明の存在に関する証拠、⑤独自の伝統的集落、⑦自然美や景観美、独特な自然現象、となる。

 

カッパドキアはキノコ形やラクダ岩など独特な形の岩が多い。洞窟聖堂や洞窟修道院も点在する。ここでは300万年前に火山の大噴火が発生し、大量の溶岩と火山灰が一帯を覆った。それらが堆積し、凝灰岩や玄武岩の層になり、長い月日の経過にて軟らかい凝灰岩が風雨によって侵食され、岩が複雑な形となり今のカッパドキアができた。歴史的にはキリスト教イスラム教の侵略争いもあった(ex.イコン破壊運動)。ギョレメ渓谷(キリスト教徒たちが身を潜めた場所)が有名。現在36の地下都市が残っている(誰が、いつ、なぜつくったのかは不明)。この地には特有の植物、動物(オオカミやアカギツネ)が生息。紀元前4000年ごろから洞窟住居がつくられ、今でも残っている。

グアテマラってどんな国?

グアテマラとはどんな国?

 

修士論文のために使用した(PISA for Development)のデータの中にグアテマラがありどんな国だろうかと疑問を持ち、調べて簡単にまとめてみた。

 

グアテマラはメキシコの下にあり、およそ108889平方キロメートルであり、たとえると北海道と四国を合わせた面積より少し大きいくらいだとされている。

 

1725万人(World bank.2018)

首都はグアテマラシティ

マヤ系先住民を中心に多くの人種や民族が存在していると言われる。

主な言語はスペイン語とされる。

通貨はケチャル(Q)

コーヒーが有名

火山が多い

マヤ関連の遺跡や世界遺産がある。

 

過去に内戦もあり、多面的に多くの課題(教育、貧困、経済格差問題など)

日本から援助もあり、多くの課題解決を目指している。

貧困層が多く、識字率は約70%らしい。

貧困と治安といった問題をはじめ多くの問題を抱えている国である。

靴を脱ぐ日本人

明治になるまで靴を履く人はいなかったらしい。

それ以前では下駄や草で編んだ草履を履いて暮らしていたと言われている。

 

坂本龍馬が日本で最初に西洋草履を履いたと言われており、坂本龍馬が西洋の文化をいち早く取り入れたとも言える。坂本龍馬は新しいもの好きだったらしい。ただそれ以前にも西洋に渡った人はいたので信憑性の疑いはある。

 

靴というと日本では家に上がるときには靴を脱ぐわけだが、海外では家でも靴を履いていたりする風習がある。

 

前置きはここまでとして実際にコロナの蔓延と靴を脱ぐことに関係があるのではないかという研究がある。

今ではパンデミックから一年が経つ。

 

靴という文化を西洋から取り入れたにもかかわらず、靴は玄関で脱ぐという日本独特の風潮であり、また不思議な風潮である。

理由はいくつかあり高温多湿な気候が由来しているともいわれていたり、日本独特の風潮である土足で立ち入ることのマナーなどが挙げられる。

 

日本は不思議な国でハロウィンやクリスマス、お盆というなんとも宗教的な統一性に欠けるが、逆に日本ならではの文化や風潮(Ex.予防のためにマスクをつける)がコロナ対策になっていたとしたらとなんとも趣深い。

最低限の生活と障がい

私は開発途上国における障がい児の教育について研究している。

近年では障がいというと発達障がいや知的障がいから目が見えない、耳が聞こえないといった視覚障がいや聴覚障がい、身体障がいと多岐にわたる。

障がい者は見た目やぎこちなさより差別や偏見といった社会的排除ときには暴力を受け、友達作り、コミュニティへの参加に困難を示しメンタル的な病といった二次障がいに陥る健康上の危険性があるほか、障がいならではのより貧困や不就学、不就労といった不安定な社会的地位ゆえに生活上の困難を生じうる。

加えて、精神障がい(精神疾患)については世間のイメージでは精神疾患が混乱や危険を伴う病状であり、周りの人から理不尽で奇怪な存在として捉えられる傾向にあり精神疾患そのものがスティグマと考えられている。吃音やチックといった特殊な行動は差別や抑圧の要因となる。

開発途上国では法の整備により障がい者は安定した社会的地位が確保されていないという問題があるが、先進国と言われる日本もまだまだ不十分な法体制や福祉であると思う。日本には障がい年金というものがあり老齢厚生年金、障がい基礎年金、遺族基礎年金への加算(障がいをもった子どもが20歳になるまで)、障がい基礎年金(20歳以降)等がある。

障がい基礎年金には1級の場合年間97万7125円、2級の場合は78万1700円を受給することができるが障がい年金を申請しても不支給となることは多い。また、障がい基礎年金だけでは暮らすことができない、申請が簡単ではないなどQOLを満たすには不十分である。日本国憲法第二十五条では「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」「国は、すべての生活部面について社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と生存権として規定している。これを抽象的権利説ととらえるか具体的権利説ととらえるかプログラム規定説、解釈の余地を残すがもともと混在していた日本の労働環境の悪化や生活水準の低下、ワーキング・プア(働く貧困層)の増加などに加えコロナ禍により安定的な生活の保障にはほど遠いように感じられる。

エルサレムの帰属問題

エルサレムという地域は現在でも宗教的な対立が混在し、「エルサレムの旧市街とその城壁」として世界文化遺産に登録されているが、遺産保有国は唯一実在しないエルサレムとなっている。なお、パレスチナイスラエルの紛争に加え、急激な都市開発の進行、観光客増加による被害、維持管理費の不足等を理由として1982年に危機遺産リストに追加されている。

エルサレムは、3つの宗教であるユダヤ教キリスト教イスラム教にとって宗教的に重要な聖地とされている。

歴史としては、エルサレムダヴィデによって古代イスラエル王国の首都とされていた。ダヴィデの跡継ぎであるソロモンは街の中心部にあるモリヤの丘に「十戒」を納めた神殿を建築した。十戒とはユダヤ教唯一神ヤハウェモーセに与えたとされる。エルサレムは宗教的かつ政治的にユダヤ人の中心地となる。しかしながら、後70年にはローマ軍によって市街と神殿が破壊された。ユダヤ人は神殿のあった丘から追放されて故国を失い、世界各地に離散(ディアスポラ)せざるを得ない状況となった。ローマ軍侵攻後、キリスト教徒にとってもイエス・キリストが十字架に処された地としてエルサレムは重要な聖地となる。加えて、638年にこの地がイスラム軍に占領され、1099年に十字軍によってキリスト教の手に戻り、1187年にはサラディンによってふたたびイスラム教の聖地に戻り、20世紀初頭までイスラム教の支配下にあった。ただ、このような紛争により多くの神殿や礼拝堂が失われた。帰属問題は現在でも残りエルサレム第一次中東戦争にて東西に分割、旧市街の東エルサレムはヨルダン領、新市街の西エルサレムイスラエル領とされた。このように領土の帰属問題は現在でも存在する。紛争の舞台となった3宗教の聖地でありトランプ氏のように都合よく大使館をエルサレム移転など、中東の緊迫化をそそのかしてはならない。中東和平にアメリカの役割は欠かせず、次の大統領選には私は固唾を呑むばかりである。

アフガニスタンとその復興へ

私は大学院生であり指導教員が長い間アフガニスタンにいたことからアフガニスタンに興味をもった。

教授曰く、裕福な家庭はロバの数が多いと貴重な話が聞くことができた。アフガニスタンは外国人が安心して利用できる病院がほとんどなく、また後発開発途上国にカテゴライズされている。

 

ここで以後はアフガニスタンの問題を国際的視点から見ていく。

 

2001年9月11日のアメリ同時多発テロをもってアフガニスタンは有名になった。アフガニスタンでは内戦によって多くのアフガン難民が発生した。

アフガン難民の帰還の動きは予想以上で2002年には180万人に達し、2003年の終わりまでの二年間で国内避難民をあわせて300万人が故郷へ帰った。戦争で荒れ果て、紛争中に地雷で使えなくなった田畑、紛争中に毒がもられ、破壊された水路、泥と土だけになった家屋。どう援助するかが課題である。UNHCRが直面した課題のもと生まれた「緒方イニシアティブ」によるインフラの再構築、ユニセフなどの緊急人道支援援助などがある。日本もDDR-Disarmament、Demobilization、Reintegration(武装解除・動員解除・社会復帰)といって兵士たちの社会復帰を助ける面でも、さまざまなアイディアが固められている。また、国家の安全保障と並行して職業訓練、草の根部門の援助による地域社会再建を促す、経済状況の改善といった必要性のある課題もあった。とにかく現地のニーズにあった適切な支援をしなくてはならない。アフガニスタンでは、目に見えるインフラよりも人間の技術、維持管理能力、社会の統治制度や機能など目に見えないものの破壊力も同様に大きいとされる。さらに、アフガニスタンの保健状況を示す指標は悲惨な状況であり、平均寿命は43歳である。アフガニスタン保健省、国連児童基金ユニセフ)と米国厚生省疾病管理・予防センター(Center for Disease Control:CDC)が2002年夏共同で行った調査によれば、妊産婦死亡率の平均は出生10万人あたり1600人であった。CDCといえば、2020年のCOVID-19に関することでよく登場した保険関連機関である。

アフガニスタンでは毎日800人の子どもの多くが予防・治療可能な病気によって亡くなっている。アフガニスタンの保健状況は世界的にもっとも悪い水準である。戦争によって保健医療サービス、教育、その他社会システムが崩壊してしまった。農村部ではさらに環境は劣悪である。NGOの役割も大きく、例えば、中村哲さんの「ペシャワール会」によってパキスタンアフガニスタン現地事業体(診察所・農業・灌漑・PMS方式取水技術の普及活動)の支援をしていた。

ちなみにタリバン結成の目的は内戦の終結、治安の回復とイスラム法に基づいたイスラム体制の確立である。2002年のユニセフ発表では男女ともに非識字率は90%、NYの国連本部では93%となっていた。幼稚園の教師が非識字率であることも多い。また、初等教育男児が39%,女子が3%と低い(ユネスコ)。アフガニスタンでは非識字率が非常に高い。親たちが子どもたちに学校に送らない理由として安全への不安、学校への距離、学校施設の未整備などを挙げている。また、インフラ、教育、保健以外に「女性の地位の向上と国家建設への参画」を復興、開発支援と言われている。教育に関して知的障害の教育に関しては進んでいない。カリキュラムの制定も欠かせない。「銃治国家」から「法治国家」にするために、平和構築、貧困問題、教育の改善、経済開発、衛生、地雷の除去、難民の帰還促進をする必要があり解決すべき課題は多い。